もうすぐ今年も終わり。年の瀬や年始には、「来年(今年)こそは新しいことにチャレンジしよう!」と決意を新たにする人も多いのではないでしょうか。そんなとき、趣味の世界を広げてくれる教室に通うのもひとつの選択肢ですが、教室に申し込みをする前に色々と思い悩んでしまい、結局教室に行けずじまい…という人は少なくないのでは。そこで今回は、『趣味なび』の運営事務局の方、いわゆる「趣味評論家」に、教室に通う時のポイントを聞いてみました。


■1位 習っている自分をイメージする
 こんな人になりたい、見られたい、思われたい…という理想は誰にでもありますよね。イメージするということは、そんなご自身の理想を重ね合わせること。教室の案内などを見て、実際に通ったらきっとこんなこともあんなこともできるようになる…と想像できるものを選ぶと、自分に合った教室が見つけやすくなります。決めた教室の先生が理想の姿そのもの! ということも珍しくありませんよ。

■2位 グッズを集める前に、まずは体験してみる
 登山グッズは揃えたものの山登りはしたことがない、サーフボードは買ったのに部屋に飾っているだけ、ネイルのキットは持っているのにイマイチ使いこなせていない…。こんな経験はありませんか? 初回体験コースやイベントを設けている教室はたくさんあります。グッズを集めているということは好きということなので、そこから一歩踏み出して、まずは体験してみましょう!

■3位 昔やっていた部活・お稽古を思い出す
 「昔取った杵柄」という言葉がありますが、一度経験あるものはやはり習得が早いもの。もちろん、未知の趣味にあえて挑戦し視野を広げるのも良いですが、経験のあるものにさらに磨きをかけ、「経験者」から「上級者」になってみるのもおもしろいはず。知っていたつもりでも新たな発見があること間違いなしです。

 『趣味なび』運営事務局の方いわく、「何かひとつでも趣味を持つことで、本来ならば出会えなかった仲間ができたり、生活にハリが生まれたりと、自然に自分自身が輝きだす」とのことですが、その言葉どおり趣味は自分の世界を広げてくれるもの。ランキングにあがったポイントを参考に、2013年は趣味であなたの生活をより豊かなものへと変えてみてはいかがでしょうか。

このランキングを作成した人:『趣味なび』運営事務局
※ランキング順位に対する解説はすべて『趣味なび』運営事務局によるものです