いまや国民的アイドルと言ってもいいAKB48。2012年も、彼女たちはたくさんの話題を提供してくれました。中でもエース前田敦子の卒業は民放のみならずNHKでも大きく報じられ、また彼女が不在の総選挙にも注目が集まりました。この激動の2012年を伝説のトップヲタはどう見たのか。前回、“ヲタ活”の極意を伝授いただき大きな反響を呼んだメトロポリス@さんに、再び突撃取材を敢行し、今年のAKB48十大ニュース聞いてみました。


 1位はやっぱり前田敦子の卒業…と思ったらそれは2位。ならば東京ドーム公演の達成が1位かと思えばこちらは9位…。さすがは伝説のトップヲタ、メンバーに「私よりテレビに出てる」と揶揄されるほどの達人とあって、目の付け所が違うようです。
 では1位はなんなのかというと、《光宗薫など逸材が次々脱退》。他にもNMBの城、SKEの矢神など未来ある若い子たちを守れなかった大人たちにトップヲタはご立腹の様子です。3位は“総選挙”。と言っても大島優子が1位になったことではなく、SKEやNMBなどの地方勢が多数上位にランク・インしてきたことに着目しているのだとか。トップヲタはこれを「下克上」と呼び、地方のヲタクが選挙の戦い方を知ってきたことが要因の一つだったと分析します。
 他にも指原莉乃の博多移籍や、活動に終止符を打ったSDNについてなど、今年の重大事件についてメトロポリス@さんは熱く語ってくれました。そして2013年については「何が起きるか分からない」と言います。
 あなたの気になるニュースはランク・インしていましたか? 来年もまだまだAKB48から目が離せそうにありません。

このランキングを作成した人:AKBトップヲタ メトロポリス@さん
※各項目に関する解説はすべて、メトロポリス@さんによるものです