90年代に「小室ファミリー」と呼ばれる歌手が次々と歌を出して華々しくヒットを飾り、一時代を築きました。今回は、小室プロデュースの歌手といえばまず誰が思い浮かぶか、みんなに聞いてみました。


 小室プロデュースといえばまずこの人、1位《華原朋美》ですね。透明感のある声で小室哲哉ならではの、ビートのきいた曲を歌いあげました。しばらく歌手活動を休止していましたが、2012年12月に出演した『FNS歌謡祭』ではかつてと変わらぬ歌唱力を披露し、本格復帰への弾みをつけたようです。2位は2012年にデビュー20周年を迎えた《安室奈美恵》。もはや不動のカリスマとして、幅広い世代に絶対的な支持を得ている彼女。レコチョクの年間ランキングでも、『Love Story』が3部門で年間1位になっています。3位は《globe》。小室哲哉とボーカルのKEIKOが結婚したときは話題になりました。現在KEIKOは病気で療養中ですが、彼女が復帰するまでは小室哲哉とマーク・パンサーの2人で活動するそうです。そして4位の《trf》も、ノリのいいダンスとラップで一世を風靡しましたが、最近は健康ブームの波に乗り、エクササイズDVD『イージー・ドゥ・ダンササイズ』を発売し、50万枚を超える大ヒットになっています。
 小室哲哉はこのたび10年ぶりに新人歌手・壱岐尾彩花をプロデュースすることになったそう。他のメンバーよりかなり年下の小室ファミリーに、今後の活躍を期待したいですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:13456票
投票期間:2012/11/9〜11/30
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません