ジャニーズ事務所を代表するアイドルグループSMAP。NHK紅白歌合戦で白組のトリを何度も務めるほどの国民的人気グループである彼らの曲は、大物アーティストが手掛けたものも多数。ということで、今回、みなさんにSMAPが歌った曲の中で最も好きな曲を聞いてみました。


 やはりと言うべきか、1位は圧倒的に《世界に一つだけの花》でした。先に「一般社団法人日本音楽著作権協会」より発表された「1982〜2011年度各年度分配額(国内作 品)累計」でも同曲はベスト1に選ばれており、名実共に日本一の曲というわけです。シンガーソングライター槇原敬之作詞作曲の歌で、ミリオンセラーになったCD売上のほか、カラオケでも幅広い年代に歌われ、幼稚園や小学校の発表会や運動会でも使用されるなど認知度の高い曲ですね。2位にランク・インしたのはシンガーソングライター スガシカオ作詞の《夜空ノムコウ》。後に中学校の音楽の教科書にも掲載された名曲で、この歌がSMAP初のミリオンセラーでした。3位の《らいおんハート》は、草なぎ剛主演の日本テレビ系のドラマ『フードファイト』の脚本を担当した野島伸司が作詞したドラマの主題歌。ドラマの人気と相まってヒットした曲ですが、最近では結婚式で使われる定番曲ともなっています。ドラマ主演で視聴率を稼ぐ木村拓哉、紅白司会6回をはじめ、番組MCとしても活躍する中居正広など、オンリーワンのメンバーが自分の個性を生かして活躍しているSMAP。だからこそ、彼らの発するメッセージが聴いている人の心に響くのかも知れませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:8543票
投票期間:2012/11/15〜11/28
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません