スマートフォンの登場とともに手書きの手帳は衰退の一途…なんて思っている人はいませんか? 東急ハンズさんにズバリ聞いてみたところ、なんと同社では、手帳関連商品の売上は伸びているとの回答が。2011年実績は、スマホが今ほど普及していなかった2009年と比べても116%という成長ぶりで、今年も去年の同月を上回るまずまずの滑り出しとか。そこで今回、東急ハンズ渋谷店の店員さんに最新のオモシロ手帳や人気グッズをランキング形式で聞いてみたところ、そこには手帳人気の秘密が隠れていました。


■第1位 マンガ手帳
マンガの吹き出しに予定が書き込めるようになっているという、まさにあなたが主役になれる手帳です。しかも絵は、いがらしゆみこ先生など豪華8人の漫画家が腕をふるうという充実ぶり。予定をセリフ調に書いたり、いっそ自分の物語をつくってみるのも楽しいかもしれません。学生さんだけでなく、働く女性にも大人気の手帳です。

■第2位 スマホと連携した手帳
スマートフォンと連携した手帳があることをご存じでしょうか。例えば「Cal-Sync スポイト」は、手帳に書き込んだ記号を専用アプリで読み込むと、スマホのカレンダーに予定が反映されるという優れものです。他にも「LIFEHACK PLANNER」など、今年はスマホと連携した手帳が増えてきています。手帳とスマホのスケジュールを連動させたい人にオススメです。

■第3位 後付けペンホルダー
買った手帳にペンをさす所がない。そういう時に後付けできるペンホルダーです。大きなゴムのバンドで表紙にペンケースをつけるタイプのものは以前からありましたが、表紙に粘着テープで固定してしまうタイプのものも最近は人気です。写真の「ベルトシール マグネット」は磁石で開閉もできて便利。粘着テープで固定したくない方には、クリップで固定するものも最近増えてきています。

 この他にも、最新のアイテムとしては、スマートフォンと連携できる付箋や、囲った箇所だけデジタル画像化できるスマレコペンなど、スマートフォンを意識したグッズがランク・インしています。しかし手帳の人気はそうしたデジタルな部分よりも、むしろ8位にあがったデコアイテムのような、従来のアナログな部分にあるのではないか…というのが店員さんからのコメント。マスキングテープやシールで手帳を飾る楽しさというのは、確かにスマートフォンで再現するのはちょっと難しい部分。デジタルの楽しさが急速に広がるいま、人はどこかでアナログを求めているのかも知れませんね。

このランキングを作成した人:東急ハンズ渋谷店 手帳ご担当の店員さん
※各項目に関する解説はすべて、東急ハンズ渋谷店の店員さんによるものです