相葉雅紀は、来年1月にスタートする新ドラマ『ラストホープ』で内科医を演じることが決定したのだとか。そこで今回は、医師役がハマるジャニーズといったら誰か?を聞いてみました。


 1位に入ったのは《櫻井翔》でした。gooの「正義感のある医師役が似合う俳優は?」でも首位に入っており、映画『神様のカルテ』では医師である栗原一止役を熱演。その試写会には聖路加国際病院の日野原重明理事長も登場。「看護師や患者さんからのアプローチを上手に受けていた。素晴らしい演技力」と櫻井翔のリアリティあふれる演技を絶賛しています。さらに試写会に招かれた看護師から“白衣の感想”を聞かれた際には、「医師の白衣のポケットには通常、処方せんや専門外のことに対応するための本が入っている。僕も2冊入れていたので重かった。これが医師の持つ不安の重さ、命の重さかと感じた」とコメント。その真しな回答に感極まって涙を流す看護師の姿もあったのだとか。映画の公開後には『櫻井 翔の“いま そこにいる人々”「命の現場」』にも出演。映画に、ドキュメンタリーにと再三に渡って医療現場と係わり続けている櫻井翔には、今後も医師役のオファーが舞い込むのではないでしょうか?
 2位に入ったのは《草なぎ剛》。6月に終了した『37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜』では青年医師の紺野祐太役を演じており、平均視聴率13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という数字を残しています。gooの「草なぎ剛が光ったドラマは?」でも同作は上位に入っており、こうした結果からも紺野祐太というキャラクターが多くの人から支持されていたことが感じられますね。
調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:18815票
投票期間:2012/11/2〜11/23
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません