小山慶一郎(NEWS)は出演する舞台『ハロー、グッドバイ』の稽古初日に共演者たちと“筋肉部”を発足させたのを受け、稽古場や劇場にベンチプレスを持ち込んでいたのだとか。そこで今回は細マッチョな姿にキュンとするジャニーズといったら誰なのかを聞いてみたところ1位に入ったのは《山下智久》でした。


 山下は『あしたのジョー』で矢吹丈役を演じた際は62キロあった体重を53.5キロまで減量し、体脂肪率も5%に落とすなどしてボクサー体型を手に入れています。その印象が強いのか、gooの「筋肉隆々のマッチョな男性芸能人は?」や「腹筋すごそうだな…と思う俳優は?」のランキングでもトップにランク・イン。力石徹役で共演した伊勢谷友介も山下の徹底した役作りに脱帽したようで「風邪をひいても筋トレをやっていましたね。腹筋バカですよ」とコメントしています。さらに《山下智久》は過酷なトレーニングと併せ、1日の摂取カロリーを一般平均の約半分の1200キロカロリーに抑える食生活を4カ月間続けていたことを告白。そうした経験をふまえ「無理のないダイエットが一番いいと思う。食べないで痩せるより、タンパク質をとったほうがリバウンドも少ないらしいので」とダイエット成功の秘訣を語っています。肉体改造に挑戦中の人は、参考にしてみてはいかがでしょうか?
 2位には《櫻井翔》がランク・イン。gooの「雑誌『an・an』でヌードが衝撃だった有名人ランキング」では1位に、「細マッチョな姿にキュンとする俳優ランキング」でも2位に輝いています。ライブ後には必ずジムに出向き1時間ほどトレーニングを行っているそうですが、これには「疲労が蓄積する前に乳酸を抜きたいから」という理由があるのだとか。こうしたストイックなまでの体調管理を徹底しているからこそ、ドラマやバラエティ、ニュースキャスターといった多様な仕事がこなせているのかもしれませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:21848票
投票期間:2012/11/8〜11/15
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません