気持ちは10代の頃のままなのに、いつのまにか身体は容赦なく衰えていく。しかし、まだまだそれを素直に受け入れる潔さは持てなくて…。今回はそんな微妙なお年頃、アラサー女性のあるあるネタを聞いてみました。


 心の変化を実感するのが1位の《若い時より涙腺が緩くなって、涙もろい》こと。昔はピンとこなかったことでも、人生経験を重ねることによってさまざまな事象に感情移入しやすくなったのかもしれません。「人間が成熟してきたんだわ」と前向きに解釈するのが一番です。同じ世代で気持ちを共有できるのは4位《カラオケで古い歌しか歌えない》。イマドキの歌はいまいちのれないし、そもそも学生時代のようにアンテナを張っていないのでヒットチャートの曲を知らない。だから自分の青春時代にはやった歌を熱唱してしまい、気がつけば盛り上がっているのは同世代以上のメンバーだけ…なんてことも。身体の変化では6位《筋肉痛が運動した2日以降にやってくる》が、よく聞く症状ですね。しかし、ご安心あれ!? 最近は、筋肉痛が発生する時間は年齢ではなく運動の種類(負荷)によって変わってくるので、筋肉痛が後からくるのは年齢のせいとは限らない、という説が有力らしいですよ。
 「若い子はいいわね〜」なんて自虐トークをしつつ裏で落ち込んだり、「おばさん」と呼ばれて憤慨したり…。アラサーは、見た目は大人の女性でも中身はまだまだ乙女の部分も持っているもの。お取り扱いには十分ご注意くださいね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2012/11/5〜2012/11/7
有効回答者数:1,049名