全世界で5億人を超えたと言われるTwitterのユーザー数。プロモーションやブランディングとして企業がTwitterを活用することも一般的になってきました。企業のTwitterアカウントは大きく2つのタイプに分けられます。“Bot”と呼ばれるあらかじめ入力しておいた言葉を自動的に更新するタイプと、“中の人”と呼ばれる特定の社員が手動で更新するタイプです。今回は“中の人”がこつこつと更新している企業のアカウントの中で、ノリが軽くて好きなものをみなさんに聞いてみました。


 1位に選ばれたのは《モスバーガー》でした。「ご注文ありがとうございモス」「特製塩だれでさっぱりと仕上げておりモス」と、どんなつぶやきも“ます”が“モス”になっています。「おはようございモス」と毎朝のあいさつを欠かさない律儀さに好感を持っている人も多いのかもしれませんね。つづく2位には《東急ハンズ》がランク・インしました。現在は3人体制だそうで、つぶやきの最後には更新した人の名前が書いてあります。おすすめの商品だけではなく、なにげない天気の話題や出張のことなどをつぶやいているので“中の人”を身近に感じやすいようです。

《無印良品》を含め、上位ベスト3にランク・インしたアカウントにはフォロワーからのリプライにきちんと応えているという共通点があります。特定のフォロワーへのリプライは他のフォロワーのタイムラインには表示されません。そんな隠れた場所での丁寧な対応がタイムラインににじみ出て好感へとつながっている…なんてこともあるのかもしれませんね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2012/10/5〜2012/10/6
有効回答者数:1,064名