冬のレジャーといえばアイススケート。気分だけでも氷上の妖精になって、季節限定の楽しみを満喫したいですね。しかし、ただでさえ冷たいリンクでさらにブルっとくる行動をする人も…。今回は、スケートリンクで見かけたさむ〜い人について聞いてみました。


 1位になったのは《いちゃいちゃしながら滑走するカップル》。はじめて手をつなぐタイミングをうかがっているような初々しいカップルなら見ていてもほほえましいのですが、不必要にベタベタくっついて滑る姿は目のやり場に困ります。2位は《混雑しているにもかかわらず、ダンスを踊り始める集団》。まるで自分たちのプライベートリンクであるかのように場所を占領して踊り始めるグループは、邪魔だし何より危険ですよね。「みんな自分たちのダンスを喜んでいる」と勘違いしている節もあるので困ったものです。もちろん、本当にプロ級の腕があるなら見入ってしまうかもしれませんが…。3位は《本格的な衣装を着てきた人》。本人に目立ちたい願望があるのかどうかわかりませんが、行楽地のリンクでそんな恰好をされても、どうにも浮いてしまいます。
 休日はますます混雑するスケートリンクでは、衝突事故が起きることもしばしばありますが、世界最長の屋外スケート場はスケート大国カナダのオタワにあり、なんと全長7.8kmにも及ぶそうです。周りの人がまったく気にならないほど大きなリンクで、思う存分滑ってみたいものですね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2012/11/5〜2012/11/7
有効回答者数:1,049名