10月27日から 「第40回東京モーターショー2007」が一般公開されます。多くの自動車関連メーカーが参加する、車を楽しむための企画が盛りだくさん。さまざまな車を見ることができる一大イベントです。それにちなんで、“こんな車があったら”という希望を集めてみました。「自動車メーカーとコラボしてほしいブランド」では意外にも、総合・男女ランキングともに《NASA》が1位という結果になりました。男女別で見ると、 男性のランキングでは《Google》《任天堂》《Microsoft》、 女性のランキングでは《無印良品》《Francfranc》《テンピュール》のような生活雑貨や《ディズニー》などが上位に入っていることが特徴的。男性は車に“より機能性を”、女性は車に“快適さやおしゃれさ”を求めているようです。
 《NASA》は宇宙開発を行う機関として有名ですが、航空技術の研究も行っており、ユニークかつ膨大な実験を行っていると定評があります。《NASA》と車がコラボした場合、“飛べる車”や“人工衛星を使った技術を搭載した車”など、今までの既成概念を打ち破る車が登場するかもしれません。 「ipodシリーズ」の爆発的ヒットのため、《アップル》が《SONY》の人気をしのぐのでは? との予想もありましたが、結果は男女ともに《SONY》に軍配が上がりました。エレクトロニクス事業のみでなく、映画、ゲーム、金融の分野など、各分野で最先端の商品を手がけているブランドだけに、“It’s a Sony”の車がどんなものになるのかと期待する声が多いようです。
 今年は11月11日まで公開予定の「第40回東京モーターショー2007」。“あのブランドの車ができたらどうなるかな…”など想像を膨らませつつ、ぜひ出かけてみてはいかがでしょうか。