約2500の温泉地があり、延べ人数に換算すると年間約1億2000万人の人もの宿泊者がいるという、まさに温泉王国の日本。家族やグループで訪れるのも楽しいですが、恋人と二人でゆったり過ごす温泉もまた格別。今回は、恋人と行く温泉旅館で何を重視するかを聞いてみました。


 1位になったのは《1泊の値段》という、とても現実的な回答でした。確かに予算を上げていくほどラグジュアリーな旅館に泊まれますが、先立つものがなければ絵に描いた餅です。厳しいこのご時世を生きる私達としては、内容にこだわりつつコストパフォーマンスの高い旅館を選びたいですね。2位は《温泉貸切の有無》。恋人同士の場合はこれが特に重要。貸切温泉がないと、旅のメインイベントを別々に過ごさなければならないからです。客室に露天風呂がある旅館もプライベート感たっぷりで、カップルにはうってつけですね。一方で大浴場の出口で時間を決めて待ち合わせるのも、まるで『神田川』の歌詞みたいで情緒があって好き! という人もいるかもしれません。3位は《部屋からの景色》です。寝るためだけに部屋に戻る慌ただしい観光旅行と違い、部屋で寛ぐ時間も大切にしたい温泉旅行だから、眺めはとっても大事。オーシャンビューの部屋もロマンチックだし、これからの季節は、雪景色を眺められる部屋もいいですね。同じ理由で5位《泊まる部屋の内装》にもこだわりたいところです。
 これからいよいよ本格的な温泉シーズンの到来。人気の旅館はあっという間に満室になってしまうので、ロマンチックな温泉旅行を楽しめるよう、ランキングも参考に2人で早めに計画を立ててみてはいかがでしょうか。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:8324票
投票期間:2012/10/25〜11/7
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません