今年で7回目を迎えたB-1グランプリでは、各地域が誇るB級グルメが競い合い、さまざまなメディアも巻き込んで大いに盛り上がりました。今回は、出展された人気メニューのなかで、みんなが食べてみたいのはどれかを聞いてみました。


 1位は、第7回B-1グランプリでゴールドグランプリに輝いた《八戸せんべい汁》。だし汁に南部せんべいを入れて煮込んだ郷土料理です。「鍋にせんべい」と聞くとすぐには味の想像がつきませんが、鶏肉や魚のだし汁がしみ込んだせんべいは味わい深くて最高なのだとか。ちなみに、当メニューを出店した『八戸せんべい汁研究所』の事務局長は、実はB-1グランプリの生みの親。開催7年目の悲願の優勝だったのですね。2位は、大会では4位だった《なみえ焼きそば》。食べ応えのある太麺と濃厚なソースが特徴です。B-1グランプリに出展されるメニューは焼きそばが非常に多いのですが、焼きそばは基本的に材料がシンプルなうえ人件費もあまりかからないので、手軽に店を展開するのに最適なメニューだということと、無関係ではないようです。3位は大会でも3位を獲得した《今治焼豚玉子飯》。こちらは、ネーミングそのままご飯に焼き豚とたまごを乗せた一品。今治市のある中華料理店の賄い料理から発案されたそうです。
 B級ご当地グルメの魅力は、地域の人々に愛されているメニューを食べることで、飾らないその土地の素顔に触れられるということ。旅行で訪れたら、ぜひ地元の人に混ざって堪能したいものですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:8756票
投票期間:2012/10/23〜11/6
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません