声が低い男性の中には、女性シンガーの曲というだけで「自分には歌えない…」と諦めている人も少なくないのでは? それでもたまには女性の曲を歌ってみたい! という人のために、今回は男性が歌いやすい女性の曲をウィズアーツヴォーカルスクールの森田由美恵先生に聞いてみました。

■1位 雪の華/中島美嘉
 バラードはバラードでも声を張り上げるタイプの曲ではなく、ゆったりとした優しい感じで歌える曲です。サビのなかで高音に切り替える部分も、ふと力を抜いてファルセットに切り替えると男性でも柔らかい感じをうまく出せるはず。男性の中に潜んでいる女性因子をひょろっと出しやすい曲ではないでしょうか。

■2位 First Love/宇多田ヒカル
 16ビートのノリを感じさせるこのバラードは、R&B系の男子に人気があります。音域も広く、リズムのノリも難しいので少し上級者向きですが、なんといっても歌は心が大事! 実は女性よりも男性の方が初恋に関しての想いが大きいようなので、初恋を思い出して歌ってみては。難しい曲である分、気持ちがしっかりないと様にならない曲でもあります。

■3位 ハナミズキ/一青窈
 歌詞も性別関係なく、カラオケランキングでも常に上位にあり、万人に歌われるとても歌いやすい曲。メロディーの動き(音程)が大きくても5度とさほど動きがないので、音程を取るのが苦手な人もそれが目立ちません。タイで繋げて伸ばすところも多い曲なので、メロディーに対して歌詞があまり詰まらず歌いやすい、初心者向きの一曲です。

■4位 SWEET MEMORIES/松田聖子
 3連のゆったりとしたシンコペーションが気持ちいいこの曲。男性が自分で歌っていても、松田聖子さんの甘い声にくすぐられている感じがするのでは。

■5位 Everyday、カチューシャ/AKB48
 男性目線の歌詞であり、青春を感じられる歌。シンプルに4分の頭にアタックをしっかりつけて元気よく歌えば、盛り上がること間違いなし!

 森田先生いわく、男性が女性の曲を上手に歌うコツは自分に素直になることと、「男も女も関係のない人間としての優しさや希望」を歌で表現するように心を込めることなのだそう。女性の曲でも心を込めてしっとりと歌いこなせば、みんなを「聴かせる」一曲になりそうですね。

このランキングを作成した人:ウィズアーツ 森田由美恵先生
※曲に関する解説はすべて森田由美恵先生によるものです