政治家や指導者はその国の“顔”であるからこそ、外見も気になるもの。「外見が格好良いと思う世界の政治家・指導者ランキング」では総合・男女ランキング双方で現日本国衆議院議員、元内閣総理大臣の《小泉純一郎》が1位にランク・イン。2位、3位は現東京都知事《石原慎太郎》とイギリス前首相《トニー・ブレア》で男女の意見が分かれ、 男性のランキングでは2位に《石原慎太郎》が、 女性のランキングの2位は《トニー・ブレア》という結果になりました。
 《小泉純一郎》はアメリカの俳優、 リチャード・ギアに似ていると評判になったり、アメリカ人俳優の トム・ハンクスから、《小泉純一郎》のライオンのようなヘアースタイルがアメリカで大流行していると言われたりしたこともあります。その潔い発言や行動力、幅広い世代に受ける演説パフォーマンスも、彼の外見を引き立てた要因のひとつといえそうです。2位の《石原慎太郎》が1955年に発表した 『太陽の季節』は映画化され大ヒットに。この作品に影響され、男性の間では “慎太郎刈り”や “アロハ・シャツ”といった 「太陽族」ファッションが大流行しました。
 現アメリカ上院議員で元アメリカ大統領《ビル・クリントン》の妻《ヒラリー・クリントン》は、その才媛ぶりから「最強のファーストレディー」と評され、女性のランキングで特に大きな支持を受けています。2008年大統領選出馬を正式に宣言しているということで、今後の彼女の活躍ぶりが楽しみですね。
 ところで、肝心の現内閣総理大臣《福田康夫》は総合18位と総裁選を争った《麻生太郎》の8位に比べて結果はイマイチですが、最近は癒し系として評価も高まっているとか? “日本の顔”としてこれからの行動に期待したいところです。