“立派な節約”とは思いつつ、人に知られたらちょっと恥ずかしい「ケチな行動」ってありますよね。「人には言えない、ケチな自分の行動ランキング」では、総合・ 女性のランキングでは《クーポンが使える店に行く》が、 男性のランキングでは《ガソリンは1円でも安いガソリンスタンドを探す》が1位にあがりました。
 よく言えば 「節約」、悪く言えば 「ケチ」。その境界線は曖昧ですが、自分自身で「ケチ」だと思っている行動の1位は《クーポンが使える店に行く》でした。紙で印刷したクーポンを差し出すのは、場合によっては恥ずかしいことも。最近ではモバイルクーポンを導入するお店も増えているので、スマートにクーポンを差し出したい人は利用してみてはいかが? 《スーパーの閉店間際の時間を狙って、半額になった惣菜を買う》《服は基本的にバーゲンでしか買わない》など、同じものをより安く買うための行動も上位に。特に女性のランキングでは《服は基本的にバーゲンでしか買わない》が2位という結果になりました。 バーゲンは節約の大チャンスですが、“バーゲンを利用している”ことを恥ずかしく感じてしまう心理の背景には、女性ならではのプライドがあるのかもしれません。
 他には《買ってもいないのに、自販機のお釣りをチェック》が男性の10位に比べ女性は18位、男性で18位の《待ち合わせは、自分の定期券が使えるエリアを指定する》、19位の《幹事を引き受け、自分の金額を安くする》が女性で圏外、《どんなに小額でも、1の位まできっちり割り勘にする》が女性の15位に比べ男性では圏外、などの違いありました。男性のほうが、大胆な行動やちょっぴり周りを犠牲にした行動をとってしまうことがあるのでしょうか。
 “1円を笑うものは1円に泣く”とはよくいったものですから、総合1位の《クーポンが使える店に行く》など参考にできる節約術があれば、ぜひ利用してみては?