携帯電話やオーディオプレーヤーへの楽曲委直接ダウンロードのように、曲の買い方が大きく変化している昨今。それでも、お気に入りアーティストの曲や何度も聴きたい曲はやはりCDを買うという人は少なくないのでは? では、29歳以下の若者たちが初めて買ったCDとは、誰のCDだったのでしょうか。

■1位 嵐
堂々の1位を獲得したのは、幅広い年齢層からの支持を得ている《嵐》。デビュー曲『A・RA・SHI』でいきなりオリコン週間シングルランキング1位を獲得して以降人気はうなぎのぼり。『第42回オリコン年間ランキン グ2009』ではシングル、アルバム、DVD、アーティスト・トータルセールスで史上初の4冠を獲得するなど、数々の偉業を成し遂げてきました。ディープな嵐ファンならずとも、1枚くらいは彼らのCDを持ってる…という人は多いのかもしれません。

・前から嵐が好きで、映画の花より男子を観たときに欲しくなって買いました!(女性/17歳 『One Love』を購入)

■2位 KinKi Kids
1位に続いて2位にもジャニーズから、個性あふれる二人組《Kinki Kids》ガランク・イン。デビュー以来シングル13曲がすべて初登場1位となり、2002年にギネス記録にも認定された彼らの楽曲は、ファンの間では「音楽性が高い」との評価もよく聞かれます。

・学校でもデビュー前からKinKiが人気でした。友達数人と お小遣いを貯めてみんなで近所のCDショップにきゃあきゃあ言いながら買いに行きました(笑)(女性/24歳 『硝子の少年』を購入)>

■3位 GReeeeN
「メンバー全員が歯学部生で、学業と音楽活動両立のため顔を出さずに活動中(デビュー当時)」という異色のプロフィールを持つ《GReeeen》が3位にランク・イン。3枚目シングル『愛唄』はCDのほか、着うた・着うたフル(R)の合計ダウンロード数が400万を突破するという超ヒットを記録。その人気は瞬く間に全国区へと広がっていきました。

・欲しすぎて、もう借りるだけじゃ嫌で、買いたくなったから(笑)(男性/14歳 『刹那』を購入)

■4位 AKB48
「会いに行けるアイドル」をコンセプトに秋葉原の「AKB48劇場」でのステージ活動を続けながら徐々に認知が広まっていき、今や日本を代表するアイドルとなった《AKB48》は4位に。握手会の参加券をゲットするためにCDを買いに走った…という人も少なくない!?

・店頭でメッチャメチャ宣伝されていて、可愛かったから!(女性/14歳『会いたかった』を購入)

■5位 修二と彰
テレビドラマ『野ブタ。をプロデュース』への共演をきっかけに、亀梨和也と山下智久が期間限定で組んだユニット、《修二と彰》が5位に登場。彼らのシングル曲は『青春アミーゴ』のみですが、つい口ずさみたくなるそのメロディラインは多くの人に愛されているよう。

・ドラマが大好きだったので。よくカラオケで歌ってました♪(女性/18歳『青春アミーゴ』を購入)

 10位以内にジャニーズ所属のアーティストたちが多数ランク・インし、ジャニーズ人気を見せつけた29歳以下の「初めて買ったCD」ランキング。あなたも買った「思い出の1枚」のアーティストは入っていましたか?

調査方法:スマホアプリ「カラオケJOYSOUND」「JOYSOUND[歌詞]」及び携帯サイト「JOYSOUND[カラオケ]」「JOYSOUND[歌詞]」 が、ユーザーに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
総投票数:852票
投票期間:2012/9/21〜10/15