フリーアドレス制を取り入れる企業が増えつつも、会社の席順は自分では決められないケースがまだまだ一般的です。隣の人のあの仕草がいつも気になって…そんな状況でも、自由に席を変えられないのがツライところ。近くの席のあの人に直して欲しいこと第1位は、《独り言が多い》。《おしゃべりが多い》も3位に入るなど、つい意識を奪われてしまう“音”の出る行動について、直して欲しいと思っている人が多いようです。
 声が大きくても小さくても気になるのが 「独り言」。後輩の独り言ならともかく、先輩や上司の独り言はなかなか指摘しづらいもの。でも、中には自分が独り言を言っていることに気がついていない人もいるかもしれません。飲みの席などで、「最近独り言が多いですよね、何か悩みでもあるんですか?」と、やんわりと振ってみてはいかが? 5位の《机の上が汚い》は、直接まわりの人に害を与えているわけではないものの、特にキレイ好きの人から見ればすぐにでも「直して欲しいこと」のひとつに入ることでしょう。整理できない人のために “整理術”をまとめた本は数多くありますが、最近話題なのが、日本を代表するアートディレクター 佐藤可士和の書いた 『佐藤可士和の超整理術』。この本では、生活の中での“整理術”だけでなく、仕事の中での問題解決のヒントになるような“整理術”もまとめられているということなので、机の上が片付かないビジネスパーソンにはオススメの1冊です。意外にも10位以内にランク・インしたのが、7位の《風邪なのにマスクをしない》。オフィスで風邪を流行らせないためにも、「マスク姿はかっこ悪い」などといわず、ぜひ着用を願いたいものです。
 人の行動は気になる一方で、自分の行動には気づかないことも。あなたの日ごろの行動で思い当たるものがないか、チェックしてみてくださいね。