一生 “おひとりさま”を貫くのもひとつの生き方として認められるようになっていますが、ふとした瞬間に「結婚したい!」と思ったことがあるという人も多いはず。そこで今回、独身のみなさんに「結婚している友達のことがうらやましくなる瞬間は?」と聞いてみたところ、最も多くの意見を集めたのは《休日、幸せそうな子ども連れの家族を見た時》でした。


 結婚をすることはそれほど強く望んでいないけれど、「人生で一度は子育てをしてみたい!」と考えている人は多いのかも。独身生活を謳歌していても、幸せそうな家族の姿を見かけることで「こんな生活もいいなあ」と結婚へのイメージが膨らみ、急に結婚している友達がうらやましく見えた…といった経験をしたことがある人もいるのでは?
 2位には《友達の結婚式に出席した時》、3位には《仲の良い友達がみんな結婚してしまった時》がランク・イン。結婚したからといって、友達関係そのものが大きく変わることはないはず。それでも独身の立場からすると、結婚した友達はまるで“別世界”に行ってしまったように感じられるのかもしれません。そんな焦りや寂しさから、結婚して幸せそうに見える友達のことを、ついついうらやましく思ってしまいそうです。
 その他、《休日予定もなく一人でぼーっとしている時》や《自宅に戻って真っ暗な部屋に入る時》など、孤独感に苛まれそうになる瞬間が上位にランク・インしています。こんな時には、「パートナーさえいれば(こんな気持ちにならないのに)」と、独身である自分自身をちょっぴり恨んでしまう…なんていう人もいるのかもしれませんね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2012/10/5〜2012/10/6
有効回答者数:1,064名