誰かについて話をする時に、マイペースな人の場合は「あの人はきっと末っ子だね」、女性のあしらいがうまい男性の場合は「たぶんお姉さんか妹がいるのね」など、その人の特徴から兄弟・姉妹の中でどのポジションにいるのかを予想しあうことって多いですよね。生物学的な根拠があるかどうかは不明ですが、自分の周囲にいる人のことを考えると、確かにこうした予想はたいていの場合当たっているものです。

 では、ポジション的には最も上位である長女として育った人の場合は、どのような特徴を持っているものなのでしょうか? 多くの人がその最たるものとして挙げているのは、《面倒見がいい》でした。兄弟・姉妹の多い家庭では、親が忙しい時に弟や妹の世話を長女に任せるということが多いようですが、子どもの頃から手間の掛かる相手の世話をしていると、大人になってからもついつい頼りない人の面倒をみたくなってしまうようです。続く2位には《甘えるのが下手》がランク・インしていますが、このように自分が頼られる環境で育ってしまうと、甘え下手になってしまうのも仕方が無いのかもしれませんね。
 《甘えるのが下手》以外にも《ストレスをため込みがち》や《なかなか他人に本音を言わない》など、ネガティブな特徴が多いのがちょっと気になるところですが、「世間的な評価」という視点で見ると、長女タイプが高い評価をされているのは間違いありません。世の長女の皆さんには、今までどおりの長女らしさをもって突き進んでほしいものですよね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2012/10/5〜2012/10/6
有効回答者数:1,064名