旅の楽しみといえば、観光、食事、ホテルライフ…。そして、帰宅後の楽しみ用や、職場・友人へのお土産選びにも手を抜けないのがわれわれ日本人です。そこで今回は、おいしいお土産があると思う都道府県はどこかをみんなに聞いてみました。


 堂々1位に輝いたのは《北海道》。海の幸から野菜、ジンギスカンやラーメンなど北海道名物はいくら上げても挙げきれないほどです。そんな北海道で定番のおみやげといえば、2010年には年間売上が72億円に達した石屋製菓の「白い恋人」。ちなみに、今年は北海道の新しいお土産として、黒豆とチョコレートを使ったお菓子「黒い恋人」が株式会社札幌グルメフーズより発売されていますが、こちらの売れ行きも好調とのことです。2位は古都《京都》。「京都」という言葉だけでブランドになるほどですが、八ツ橋をはじめ、繊細で上品な和菓子がズラリ。さらに最近では、小豆や抹茶などの和菓子の材料を取り入れた洋菓子も注目されています。お菓子だけではなく、千枚漬けやしば漬けなどの漬物も有名ですね。3位の《沖縄》では、独特の温暖な気候が生み出す特産品を使った名物がたくさん。有名なのは「ちんすこう」ですが、シークァーサーや紫芋を使ったお菓子もバラエティー豊富です。そして、4位《福岡》で抜群の知名度を誇るお菓子といえば「銘菓 ひよ子」ですが、「ひよ子って東京名物じゃなかったっけ?」と混乱する人もいるかも。実は「ひよ子」はもともと大正時代に福岡の筑豊で誕生したもので、東京オリンピックを機に関東でも製造するようになり、やがて東京名物としても定着したそうですよ。
 各地の魅力がたっぷりつまったお土産。物産展や有名デパートで購入できることもありますが、できれば現地でその土地の空気を感じつつ手に入れたいですね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2012/10/5〜2012/10/6
有効回答者数:1,064名