仕事でミスをしたり、友達とケンカをしてしまったり。ちょっとしたことで気分が落ち込む経験は誰しも一度はしたことのあるものですが、そんなとき、沈んだ気分を盛り上げてくれる曲に助けられた…なんて人は少なくないのでは? そこで今回は、アバロン・ミュージック・スクールの後藤友輔先生に「落ち込んだときに、歌って元気になる曲」TOP10を教えてもらいました。

■1位 TRAIN-TRAIN/THE BLUE HEARTS
 THE BLUE HEARTSなら歌詞が気持ちを前向きにさせるこの曲がオススメ! ストレートなサウンドと心にまっすぐに突き刺さる歌詞がいいですね。『リンダリンダ』も同様に元気の出る王道ソングです。

■2位 何度でも/DREAMS COME TRUE
 ライブを見に行くと必ず元気になれるDREAMS COME TRUE。そんな彼らの曲の中でも、『何度でも』はスクールに来ている女性の生徒さんに人気のある一曲です。大きな声で思いきり歌えば、仕事でたまったストレスもスッキリ。自分への自信を取り戻して、明日からまた頑張ろう! という気分になれる曲です。

■3位 don't get me long/The Pretenders
 ヴォーカルのクリッシー・ハインドに憧れる女性歌手が多いのは、生き方に一本の筋が通っているからでしょうか。自宅を出て出勤のために駅に向かう途中に歩きながらこの曲を聴くと、足取りが間違いなく軽くなりますよ!

■4位 さくらんぼ/大塚愛
 軽快な8ビートの曲なので自然と体が動きます。メロディーラインもリズミックで乗りやすく、カラオケでこの曲を歌えば気分も盛り上がる事間違いなし。最後のサビの掛け声部分は、かわいくシャウトすればそれだけで女子力アップ。

■5位 全力少年/スキマスイッチ
 タイトルの通り、男性は全力で歌ってみるべし! サビでは音程がとりづらい箇所もありますが、歌詞がとても前向きなので、細かい事は気にせず、自信を持ってさわやかに歌い上げてみましょう。声を鼻にかけてみると案外モノマネにもなるので、これからの忘年会シーズンにもオススメの一曲です。

 ランキングに並んだ曲は自分が歌って元気になれるだけでなく、聴いている人をも元気にする曲ばかり。自分が落ち込んだ時だけでなく、落ち込んだ友人を励ましたい時にも歌ってみてはいかがでしょうか。

このランキングを作成した人:アバロン・ミュージック・スクール 後藤友輔先生
※曲に関する解説はすべて後藤友輔先生によるものです