クローゼットに埋もれていた服を久々に着ようとしたら、ファスナーが閉まらなくて大ショック…そんな経験ありませんか? 大幅な体重増は見た目の印象が変わるだけではなく、手持ちの服がまったく着られなくなるなどダメージ大。最近芸能界ではレディ・ガガの激太りが世間を騒がせましたが、今回はみんなの激太り経験を聞いてみました。

 激太り経験1位は《昔に比べたら激太りしてる》。たとえ自覚はなくても、長い年月をかけてじわじわとたくわえられる脂肪。ちりも積もればなんとやらで、かつての「痩せていた自分」の写真を見てついため息をついてしまう人は少なくないよう。一方で2位に《激太りってほどではないけど》、3位に《したことないなあ》が続き、激太り体験がない人も大勢いることがわかります。
 女性特有の事情によるのが、4位《妊娠中に》と5位《出産後に体重激増》。妊娠による体重の平均増加は7〜10キロが理想とされていますが、「お腹の赤ちゃんの分と2人分」という気持ちで食べ過ぎてしまった結果、体重が大幅に増えてしまった…という人も少なくないよう。とはいえ食事を制限しすぎると、今度は赤ちゃんが低体重児になるリスクもあるとのことなので、体重管理が難しいところです。産んでしまえばスルリと体重が戻るかといえばそうでもないようで、授乳期間につい食べすぎてしまう人も。多くの女性が通る道とはいえ、モデルのように産後すぐプロポーションを戻す、というのはなかなか難しいようですね。
 恐ろしいのが7位《ダイエットのリバウンドで…》。ダイエットをした人のうちなんと約60%がリバウンド経験あり、それを繰り返すとどんどん太りやすい体質になるという恐ろしいデータもあります。特に、急激に痩せると急激にリバウンドしやすくなるそうで、美は一日にして成らず、といったところでしょうか。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:10722票
投票期間:2012/9/24〜10/1
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません