神戸市須磨区の市立須磨海浜水族園で、先月イルカが祝う結婚式が行われ話題に。イルカたちのさまざまなパフォーマンスに結婚式を挙げた夫婦が感激したとか。そこで、今回は結婚式を挙げたい場所について聞いてみました。

 1位は《海外で挙げてみたい》という意見。結婚情報誌ゼクシィを発行するリクルートの今年8月の調査によると、海外挙式をした理由として「堅苦しい結婚式をしたくなかったから」と答えた人の割合が56.1%、次いで「海外挙式に以前から憧れていたから」が52.1%という結果に。場所としては全体の59.2%がハワイで実施したことがわかり、ハワイの人気の高さが伺えます。続く2位は《専用の式場で華やかに》がランク・イン。結婚式場の特徴は、チャペルや神殿、控え室や写真室など婚礼にかかるすべての施設が整っていることですね。3位には《ホテルがいいかな》が入りました。
 ところで、現在の形に近い結婚式が行われるようになったのは明治になってからのこと。明治33年、当時の皇太子(後の大正天皇)と、九条節子(後の貞明皇后)が皇居の賢所(神前)で結婚の儀式を執り行い、それを記念して日比谷大神宮(現在の東京大神宮)が神前結婚式を創始したとされています。それまで、家庭での挙式が一般的だったため画期的な出来事として注目を集めたそう。昭和13年には、目黒雅叙園が結婚式場一貫システムを導入し現在の結婚式の基礎を築いたのだそうです。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:12214票
投票期間:2012/9/12〜9/26
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません