連載開始40周年を記念する「 ベルサイユのばら展」が先月東京・ 松屋銀座で開催されました。そこで今回は、女性が恋に落ちそうなベルサイユのばら登場人物が誰なのかを聞いてみることに。結果、男装の麗人・オスカルを慕う《アンドレ》が首位にランク・インしています。

 gooの「ベルばらで好きなキャラクターは?」というアンケートでもトップに入っているアンドレ。直木賞作家の三浦しをん も彼を評価しているそうで、「これほど成熟した強さと優しさを宿した男性はめったにいない」とコメント。漫画家のよしながふみも、アンドレがオスカルに求愛するも強烈に拒否されてしまう告白失敗シーンを挙げ「アンドレは人間的な人」と彼のチャームポイントを解説しています。確かに、愚直で少し間の抜けた部分があるアンドレ。しかし一途にオスカルを愛する姿は、今なお女性の心を捉えて離さないのかもしれません。
 2位には《「ベルサイユのばら」知らない》がランク・イン。漫画が連載されたのもアニメ放映されたのも30年以上前ですから、平成生まれの人などには馴染みが薄いかもしれませんね。しかしながらgooの「歴史の勉強に役立ちそうな漫画ランキング」で4位に入っていることからも分かるように、ベルサイユのばらは世界史の副読本としても読む価値のある作品。角田光代も「幼き日々、『ベルサイユのばら』を読んでいさえすれば、私はもう少し世界史に、歴史全般に興味を持っていたのに違いない」と、“世界を知る扉”として評価しています。これから歴史を勉強してみようかな? と思っているなら、『ベルサイユのばら』から始めてみると良いかもしれませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:7730票
投票期間:2012/9/15〜9/22
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません