ジャニーズの生田斗真が来年公開予定の映画完成報告会見の中で、共演者の江口洋介との27時間にも及ぶ格闘シーンの撮影を振り返り「死ぬかと思った」と発言。そこで今回は、格闘シーンが決まりそうなジャニーズは誰かを聞いてみました。

 一番多かったのが、嵐の《松本潤》という意見。《松本潤》は、今年1月から3月まで放送されたフジテレビ系ドラマ『ラッキーセブン』で、共演の瑛太との激しい格闘シーンが話題になりました。その『ラッキーセブン』は来春スペシャルドラマの放送が決定。再びあの激しいアクションが見られるかも!? 2位にはドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』に主演したV6の《岡田准一》がランク・イン。《岡田准一》は、ドラマの続編にあたる『SP 野望篇』の撮影の前に驚異的な肉体改造を行い、「カリ」や「ジークンドー」といった武術を習ったとか。このジークンドー、『燃えよドラゴン』などで知られるアクション俳優のブルース・リーが考案したもので、空手や柔道、ボクシングといったさまざまな格闘技を取り入れ作り上げたとされています。日本にも愛好者は多く、全国に60近い本部・支部・同好会が置かれているそう。ジークンドーの特徴は圧倒的な速さで繰り出される技の数々にあります。ガジェット系メディア、ロケットニュース24がジークンドーの達人としてトミー・カラザーズの動画を紹介していますが、達人レベルの技は目にも見えない凄いもの。こんな攻撃を受けたらひとたまりもなさそうです。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:19314票
投票期間:2012/9/15〜9/22
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません