男性から「素敵だね」と言われてうれしくない女性はいないはず。ときには好感度アップを狙って、ちょっとだけ見栄を張ってしまうことも…。そこで今回は、女性のみなさんに「男性につい見栄を張ってしまうことは?」と聞いてみました。

 圧倒的な大差で1位になったのは《体重を少なめに言う》でした。女性にとって、やはり「見た目」はとても気になるもの。アンケート専門サイト「アイリサーチ」の調査では、「美」に関心があると答えた女性は75.3%にものぼったのだそうです。“美の追究”は、女性の永遠のテーマとも言えますが、特にわかりやすい数字で表れてしまう「体重」は、何より気になるものなのかもしれませんね。  続く2位には《男性と一緒にいる時は普段より少なめの食事にする》がランク・イン。本当はもっと食べられるのにあえて控えめにすることで、「か弱く、女らしく見られたい」と考える女性が多いよう。でも、好きな男性を目の前にしていれば、ドキドキと胸が苦しくなって本当に食事があまり喉に通らない…なんていうこともありそう?
 《観てもいない映画のことを「タイトルは知ってる」と言う》のは、男性との会話を盛り上げようとする健気な女心かも…ですが、その真意が男性に伝わっているかどうかは微妙なところ。そのほか、《男性に声をかけられた(ナンパされた)ことを言う》といったように、他の男性にモテることをついアピールしてしまう女性も多いことがわかりました。