誰とも付き合わず独り身でいるのは、世間がイメージするほど寂しいものではありません。恋人に気を遣うことも束縛されることもなく、自分のペースで過ごせるのは、慣れてしまえば結構楽しいものです。しかし、独り身の生活を続けていると、ふいに「恋人が欲しいなぁ」と感じてしまうことがあります。

 その最たるものが、《イベントや旅行へ気軽に誘う相手がいないとき》や、《誕生日やクリスマスなどのイベントを一人で過ごしたとき》です。1人で出かけてももちろんイベントや旅行を楽しむことはできますが、そこでの体験を好きな相手と共有したり、終わった後にあれこれと話し合ったりする方がよりいっそう楽しいのは言うまでもありませんよね。
 《恋愛ドラマ・映画・漫画などを見て感動したとき》や《街で理想的なカップルを見たとき》のように恋愛を意識せざるを得ない出来事があったときも、恋人が欲しくなるものですよね。特に《仲の良い友達に恋人ができたとき》などは、その後も友達から恋人との楽しいエピソードをいろいろと聞かされることになるため、よりいっそう恋人を欲しいという思いが強くなるのではないでしょうか。
 恋人がいた経験のある人ならば、《肌寒い季節になったとき》を挙げる人も多そうです。寒い季節に誰かがそばにいて寄り添ってくれると、体温を感じて寒さが和らぐのはもちろん、心までぽかぽかと温かくなるもの。独り身に慣れていれば寂しいと思うことはそう多くはないものですが、恋人がそばにいたときのことを思い出すと、やはり寂しい気持ちになってしまいますよね。