一人暮らしの部屋にはその人の性格や趣味が如実に現れるもの。生活空間に人前では見せない意外な一面を垣間見ることがあります。友達の家に遊びに行ったとき、思わずチェックしてしまうものってありませんか。今回はみなさんに一人暮らしの友達の家に行ったときについ見てしまうものを聞いてみました。

 最も多くの人がチェックしていたのは《部屋のレイアウト》でした。狭い空間に生活のすべてを押し込まなければいけない一人暮らしの部屋はレイアウトが肝心。テレビや本棚、テーブルの配置からその人が生活のどこに重点を置いているか、どんな美意識で暮らしているのか丸わかりになってしまいますよね。
 2位には《トイレ》がランク・イン。毎日目に付く《トイレ》がきちんと掃除されていると、生活を大切にしているようで好感が上がりそう。トイレをキレイにしていると「出世する」とか「金運がアップする」という噂もありますよね。『行ってがっかりした彼氏の部屋ランキング』でも1位に《トイレが汚い》が選ばれており、家に人を招くときは何よりもまずトイレ掃除をしたほうが良さそうです。
 《本棚に並んでいる漫画や本》、《普段読んでいるであろう雑誌》も上位にランク・インしています。選ぶ本はその人の願望や思考が反映されやすいものなので、ついチェックしてしまう人が多いのかもしれませんね。
 ついチェックしたくなる友達の部屋ですが、あまりじろじろと見ると相手に不快感を与えてしまいます。他人の暮らしは自分とは違って当たり前。初めて友達の部屋に行くときは「これまで見たこともない異世界が広がっているに違いない」と大げさに想像していけばさほど驚かず、すぐに違和感なくくつろげる空間になるかもしれません。