キャスティングのテーマが“色気”だったという松本清張のドラマに、渡部篤郎溝端淳平が出演。そこで今回は「色気のある俳優と言えば?」という質問をしたところ、1位には圧倒的な演技力で数多くの賞に輝いてきた実力派俳優《佐藤浩市》が入りました。


 プライベートで周囲から “佐藤部長”と呼ばれているという《佐藤浩市》。gooが昨年行った「デキる部長役が似合う俳優ランキング」でも首位に入っています。『陽はまた昇る』で教官役を演じていたこともあり、頼りがいがあって大人な印象が視聴者の中に色濃く残っているのかもしれませんね。さらにマイナビの「抱かれてもいい熟年男性芸能人ランキング」でも5位に入っており、そこでは「色気がある」という意見が多かったのだとか。芸能界では『誰も守ってくれない』で共演した木村佳乃が「色っぽい」というコメントをしており、現場でもセクシーキャラに徹しているのかもしれません。
 2位には《松本潤》がランク・イン。gooの「セクシーさが素敵な俳優は?」でも1位に選ばれており、強い色気を持っていることは周知の事実。その持ち味を活かし『ラッキーセブン』では肉体美を惜しみなく披露したり、ホテルで人妻と朝を迎えたりといったセクシーな演技も難なくこなしていました。これを受け「潤くんのナイスバディ最高」「エロかわいい潤くんを早く次も見たい」と、その色気に魅了された視聴者が続出。「Fasio」のCMでも桐谷美玲のまつ毛にキスするシーンが話題を呼んでおり、ここでも「松潤美しい」「エロい」とファンを虜にしています。ジャニーズ入所前の小学生時代には、クラスの女子全員からバレンタインチョコを貰ったという伝説を持つ松本潤。今後どこまで男の色気を増していけるか注目ですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:30039票
投票期間:2012/9/8〜9/15
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません