仕事をしていると、ストレスが溜まることは珍しくありません。仕事内容であったり職場の人間関係であったりと原因はさまざまですが、そんなストレスを解消する一つの手段が「グチをこぼす」こと。今回は、そんなグチを話す相手は誰かについて調べてみました。


 1位はズバリ、《同僚》です。常に同じ職場にいて、同じような悩みを共有できる同僚ならば、グチも含めた仕事の話をかなり深いところまでできる気がしますよね。2位にランク・インしたのは《同性の友達》。仕事に関する悩みは男女によって微妙に違うこともあるので、同じ職場でなくとも似たような境遇にある《同性の友達》には、グチも話しやすいのでしょうか。4位に《母親》が入る一方で、《父親》は12位に留まる結果となっているのも注目すべき点。小さい頃から衣食住の世話をしてくれて、色々なことを話しやすい《母親》には大人になっても甘えやすいの比べて、《父親》はどこか話しづらい存在なのでしょうか。
 ところで、グチを聞いてあげる側になった場合にはどんなことに注意すればよいのでしょうか。「シティリビング東京版・社内円滑 Happyコミュニケーション」で、社内コミュニケーションの達人として回答中の西村麗子カウンセラーによると、自分と相手の境界線を意識し、相手の問題に巻き込まれず受け止めることが大切とのこと。相手の問題に巻き込まれてしまうと自分が疲れてしまうので、自分と相手が違うことを意識した上で聞いてあげる姿勢が重要なようですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:12446票
投票期間:2012/8/31〜9/13
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません