秋の味覚の代表格「キノコ」。種類によって味わいや食感が違いますよね。さて、みなさんはこの秋、どんなキノコを食べたいのでしょうか?


 1位はやっぱり《マツタケ》。マツタケの特徴と言えば、なんといってもあのふわっとした豊かな香りです。炊き込みご飯にしても、お吸い物にしてもおいしいマツタケの香りを嗅ぐと「秋だなぁ」と感じる人は多いのでは? しかし近年、日本国内では山の切り崩しなどによって、マツタケの採取量がどんどん減っているのだとか。国産マツタケの価格は高騰し続けており、最近では中国産やアメリカ産などの輸入品も多く出回っています。
 2位にランク・インしたのは《シイタケ》です。シイタケはキノコ類の中でも特に栄養価が高いことで知られており、豊富な食物繊維やミネラルのほか、抗腫瘍作用のあるレンチナンも含まれています。このレンチナンにはがんの発生を抑えたり、免疫力を高め、風邪などに対して抵抗力をつけたりする効果もあるといわれており、ウイルスがまん延する冬に向けて、積極的に摂りたいですね。ちなみに、シイタケは生のものよりも干したものの方が栄養価は高く、旨味成分もアップするのだとか。買ってきた生シイタケを、自宅のベランダなどで数時間太陽の光に当てるだけでも効果があるそうです。ほかには煮ても炒めてもおいしい《マイタケ》や、フレンチやイタリアンでよく使われる《エリンギ》などがランク・イン。
 みなさんが食べたいと思うキノコは、何位にランク・インしていましたか?

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:17610票
投票期間:2012/8/26〜9/9
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません