フリーアナウンサー《滝川クリステル》が『コカ・コーラ ゼロ』の新CMで、これまでのキャスター時代のイメージを打ち破るTシャツにジーンズ姿でエレキギターをかき鳴らすワイルドな姿を披露。この格好が似合いそうな女性芸能人は誰? みなさんに聞いてみました。


 1位はファッションモデルや歌手、女優として幅広く活躍する《土屋アンナ》でした。“ワイルドな女性”といった印象を受ける《土屋アンナ》は、奇抜な衣装が多いながらもそれを着こなせるセンスがあり、10代から20代女子のファッションリーダーとして絶大な支持を得ています。デニム・ジーンズの大手ファッションブランド、EDWINのイメージキャラクターも務めており、自らもデザインを手掛けているだけあって、ジーンズの着こなしは抜群に格好良いと誰もが認めるところ。そんな彼女が今回のランキングの1位に選ばれるのは当然の結果といえそう。続く2位は女優やモデル、タレントとして活躍の《黒木メイサ》。今年2月、元KAT-TUN赤西仁との電撃結婚で話題になりましたが、その後も夫婦ともに芸能ニュースを賑わしてくれています。《黒木メイサ》といえば“目力”が最も印象的ですが、日本人離れした長い手足、くびれ、しなやかなスレンダーボディーも魅力。2011年に“最もジーンズが似合う有名人”に贈られる「ベストジーニスト賞」の一般選出部門を受賞していることからもジーンズ=《黒木メイサ》というイメージがあるのかもしれません。その他は《天海祐希》《米倉涼子》《篠原涼子》が上位にランク・インしていますが、2006年から2010年まで5年連続でベストジーニスト賞に輝き“永久ベストジーニスト”として殿堂入りを果たした《倖田來未》や、同じく2000年、2001年、2003年から2005年に受賞し、こちらも殿堂入りの《浜崎あゆみ》がそれぞれ16位と9位という少し残念な結果になっています。また冒頭で触れた《滝川クリステル》も17位とまだまだ頭脳明晰、清楚、おしとやか…といったキャスター時代の優等生的イメージを打ち破るまでには至っていないようです。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:9615票
投票期間:2012/8/25〜9/1
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません