合コンは異性との出会いの場、恋人探しの場ですが、恋人がいるのにいないといったり、少しでも自分をよく見せようとするなどの嘘をついてしまうことはありませんか? そこで今回、みなさんに「合コンでついたことのあるウソは?」と聞いてみました。


 1位は《恋人の有無》でしたが、恋人がいても「いない」と嘘をつく人の割合が高そう。3位の《好きな人の有無》についても同じく、好きな人がいるのに「いない」と偽っている人が多そうですね。そもそも「恋人探し」の意味合いの強い合コンにおいて、恋人がいる人が参加していること自体、ルール違反と考える人も多いのでは? 特に本気で「恋人探し」のために参加している人は、恋人がいるのに参加した人を恨めしく思うかもしれません。人数合わせのため仕方なく恋人持ちでも参加している人もいるかもしれませんが、やはり合コンは恋人がいない人同士が一番…ではないでしょうか。
 続く2位は《恋人いない歴》。当然、今は恋人がいないことが前提になりますが、恋人のいない空白期間は男女ともに気になるもの。恋人のいない空白期間が長いと「何か問題があるのでは?」と思われないか、逆に極端に短ければ「前の恋人をすぐに忘れられるものなの?」と思われないかと心配になり、《恋人いない歴》を偽る傾向にあるのかもしれません。首都大学東京天野洋一らの調査によれば、男性は空白期間が短い女性を社交的と評価し、空白期間の長い女性を近づきがたいと評価したのに対し、女性は恋人がいるかいないかで評価が変わるらしく、恋人が“いる”女性は交際期間が短い男性に好意を示し空白期間が長い男性に“親しみやすさ”を感じる一方、恋人の“いない”女性は交際期間が長い男性に対して好意を示したとか。
 その他には《体重》《年齢》《休日の過ごし方》が上位にランク・インしています。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:13941票
投票期間:2012/8/18〜8/31
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません