“文学の世界に触れてほしい”“優しい心を持ってほしい”など、様々な思いを込めて親が子どもに読ませたいと思う絵本。でも、年々増え続ける絵本の中で厳選するのはなかなか難しいですよね。そんなとき、このランキングを参考に絵本を選んでみては? 「子どもに読ませたいと思う児童向け絵本」では、 2006年度版のランキングに続き《ぐりとぐら》がダントツ。続いて《ごんぎつね》や《おおきなかぶ》など、私たちが今読んでも“知っている・懐かしい”と思う作品が人気を集めました。
 《ぐりとぐら》は双子の野ねずみ、青い帽子と服の「ぐり」と、赤い帽子と服の「ぐら」が主人公。この本、最初に発売されたのはなんと40年以上前。今では英語や中国語など9ヶ国語に翻訳され、日本以外の子どもにも親しまれているのだそう。まさに世代も国境も超えて愛され続けている、日本が誇る絵本のひとつと言えるでしょう。 6位の《ピーターラビットのおはなし》は累計発行部数が全世界で1億5000万部を超えるシリーズの記念すべき第一作目。登場するキャラクターは 図書カードの絵柄としても有名です。なお、先月この本の原作者である ビアトリクス・ポターの生涯を描いた映画 『ミス・ポター』が公開され話題になりました。
 絵本は子どもが「本」に出会うときの入り口となるもの。子どもを本好きにするには、本のおもしろさを伝えることが何より大切と言われています。大人の気に入った本を無理やり読ませるよりも、子どもが好きな本を繰り返し読んであげることからはじめ、子どもの本への興味を高めてあげましょう。