喫茶店と一緒くたにされやすいカフェですが、一般的には、コーヒー・紅茶などのソフトドリンクの他にアルコールも扱うのがカフェで、アルコールを扱わないのが喫茶店に区別されるとか。そこで今回、みなさんに「学校や職場に欲しいカフェは?」と聞いてみました。


 1位はアメリカ・シアトル生まれの人気コーヒーストア《スターバックスコーヒー》でした。1996年、東京・銀座に第1号店「銀座松屋通り店」をオープンしてから今年で16年目を迎える《スターバックスコーヒー》は、全国に924店舗(2012年8月現在)があり、2007年には業界最大手《ドトールコーヒーショップ》の売り上げを上回るなど、一躍業界トップに躍り出ました。品質の高さに定評のある、香り高くも味わい深い本格的なコーヒーが楽しめる《スターバックスコーヒー》ですが、コーヒー以外にも甘く香ばしいキャラメルとエスプレッソによる優しい風味のキャラメルマキアートや、冷たいデザート感覚で楽しめるフラペチーノ系など、他のカフェではあまり見られないオリジナリティー溢れるバラエティに富んだドリンクメニューも人気ですね。
 2位は《ドトールコーヒーショップ》。《スターバックスコーヒー》がアメリカ生まれなら《ドトールコーヒーショップ》は日本生まれ。コーヒーの本場、ブラジルで学んだ創業者、鳥羽博道が1962年に設立したコーヒー豆の焙煎会社が《ドトールコーヒーショップ》の原点。それから18年後の1980年に日本初となるヨーロッパスタイルの喫茶店《ドトールコーヒーショップ》1号店が東京・原宿にオープンし、同店の歴史が始まりました。現在の店舗数は1,113店舗あり、《エクセルシオールカフェ》などの系列店を含めれば実に1,400以上の店舗数を誇ります。こだわりのコーヒーもさることながらリーズナブルな価格も《ドトールコーヒーショップ》の魅力ではないでしょうか。
 その他には今年から本格的にコーヒー業界に進出する《マックカフェ》、名古屋発のカフェ《コメダ珈琲》、焼き立てパンが魅力の《サンマルクカフ》が上位にランク・インしています。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:12475票
投票期間:2012/7/24〜8/6
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません