1976年に発売されてから今年で36年目を迎えた森永乳業のアイスクリーム「ピノ」は、今では「ひとくちチョコアイスの決定版」として子どもから大人まで幅広い層に人気があります。そこで今回、みなさんに「好きなピノのフレーバーは?」と聞いてみました。


 結果としては、やはり定番中の定番《バニラ》がダントツでした。1976年の発売以来、森永乳業が研究を重ねてきた《バニラ》だけに、チョコレートの深いコクとアイスクリームのまろやかな甘さとのバランスは絶妙で、まさに「ひとつぶ食べるとプチハッピー」な味わいです。現在発売中の26個入りお得なマルチパックのチョコアソートは当然として、期間限定版のシーズンアソートにも《洋なし》《いちご》と一緒に《バニラ》が入っています。続く2位は香ばしくも柔らかな甘さが堪らない《アーモンド》。通常の6個入りパッケージでの販売はなく、マルチパックのチョコアソートでしか楽しめない意外とハードルの高い《アーモンド》。《アーモンド》風味としては、2009年に「ショコラアーモンド」が発売されましたが、期間限定だったため、現在では幻の逸品になっています。アソートタイプでしか味わえないフレーバーだけに「《アーモンド》は貴重!」と感じている人も多いのかもしれませんね。
 その他は、ビター風味でちょっぴり大人の味わいが楽しめる《ビターチョコ》が3位、抹茶アイスを抹茶チョコでコーティングした和風ピノ《ダブル抹茶》が4位、そしてチョコアソートでのみ味わえる《チョコ》が5位という結果になっています。最下位の《洋なし》ですが、現在限定販売中のシーズンアソートでしか楽しめないフレーバーなので、未だ食べていない人はぜひこの機会に!

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:9239票
投票期間:2012/7/24〜8/6
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません