2011年11月に国立社会保障・人口問題研究が行った独身者を対象とした調査によれば「交際している異性はいない」と答えた人の約半数が「異性との交際を望んでいない」と答えたとか。恋愛はメンドクサイものなのでしょうか? そこで今回、みなさんに「恋愛が面倒だと思った瞬間」について聞いてみました。


 最も恋愛を面倒だと思った瞬間には《他の異性と比較された時》が選ばれました。中でも絶対に避けたいのが元恋人と比較をするという行為。たとえ喧嘩をした時でも、カッとなって元彼や元彼女と比べて悪いところを指摘するのはタブーです。何かにつけて元交際相手を引き合いに出すのはほどほどにしておかないと、恋人に面倒だと思われるだけでなく嫌われてしまう…かもしれません。《一人の時間がないと気付いた時》が1位と僅差の2位にランク・イン。交際を始めると恋人と一緒に過ごす時間が多くなり、プライベートの時間は削られがち。自分の自由になる時間が少なくなってしまうのがネックとなって恋愛はメンドクサイと思っている人が多いようです。3位は《相手の機嫌を損ねた時》。お互いが理解し合っていると思っていても、ちょっとしたことで恋人を不機嫌にさせてしまうこともあるのが恋愛。付き合い始めの頃は恋人の損ねた機嫌を直そうとあれこれ頑張れたはずが、付き合いが長くなってくるとメンドクサイと感じて直ぐに諦めてしまうようになった人も少なくないのでは。
 恋愛系の情報サイト、ヒトメボが「恋愛がメンドクサイ理由」について調査したところ、約80%の男女が恋愛はメンドクサイと答え、その理由としては「友達と遊ぶときに恋人に連絡するかで悩む」「全ての行動をチェックされた」「自分の時間がなくなる」などが挙げられています。今回のランキングを参考に、恋人に自分との恋愛を面倒と思われていないかチェックしてみてはいかがでしょうか?

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:9560票
投票期間:2012/7/15〜7/28
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません