2002年にリリースされたWindowsXPに入っており、「世界一有名な写真」といわれる「草原」テーマの壁紙はカリフォルニアワインの産地として有名なナパバレーの風景写真だったとか。この壁紙は壮大で美しい自然に目を奪われる画像ですが、逆に今回は「引いてしまう他人のパソコンの壁紙は?」と聞いてみました。


 堂々1位の回答は《自分撮り写真》を壁紙に使う、でした。どんだけ自分が好きなんだ!? …とドン引きしてしまう人も多いのでしょう。パソコンの壁紙とは少し違いますが、OL徹底リサーチ・働く女子のホンネのアンケート「携帯電話の待ち受け画面、何にしてる?」によれば、待ち受け画面を《自分撮り写真》にしているという人は3%程度と低い数値になっていました。自分の容姿に自信を持ってパソコンの壁紙に設定することは悪くないですが、周囲からはあまり歓迎されていないようです。続く2位は《萌え系キャラ画像》。アニメや漫画などのお気に入りの女性や女の子の可愛らしいキャラクターを壁紙として設定しているアニメファンも少なくないはず。嗜好という点では3位に入った《グラビア画像》や5位の《アニメキャラ》、8位の《芸能人の写真》なども似ているように感じますが、中でも《萌え系キャラ画像》であることはマイナスポイントのよう。しかし、最近は密かに“オタク男子”が結婚相手に最適だとして注目されているとか。独身女性がオタクとの結婚について「浮気しなさそう」「真面目で優しそう」「言うことを聞いてくれそう」といった良いイメージを持っているらしく、近頃の安定志向の強い女性のニーズにマッチしているそうです。必ずしも《萌え系キャラ画像》を壁紙に設定している=オタクではありませんが、《萌え系キャラ画像》に引く人がいる一方で、もしかしたらその壁紙が一部の女子のハートをつかんでいる…なんて可能性も、ゼロではないかもしれません。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:18059票
投票期間:2012/7/7〜7/20
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません