コンビニエンスストア大手のセブン-イレブンが展開するプライベートブランド「セブンプレミアム」。同ブランドでは、お総菜や乳製品、デザート、パン、ドリンクなどさまざまな商品を展開しており、「100円シリーズ」と呼ばれる低価格菓子のシリーズも用意されています。


 価格の安さから、立ち寄った時についつい買ってしまう100円シリーズですが、特に人気の高いのが、《サクサクしっとりチョコ》です。《ピーナッツチョコ》や《チョコ棒》、《チョコシュー》などが上位に食い込んでいることからも分かるように、チョコレート菓子はやはり根強い人気。中でも《サクサクしっとりチョコ》は、コーンパフの歯ざわりと、口溶けの良いチョコのハーモニーが絶妙で、お値段以上の満足感が得られると高い評価を受けています。
 続いて人気が高かったのは、《ポテトチップス うすしお》。こちらも若い世代のお菓子としては定番中の定番ですね。赤穂の焼塩を使ったほどよい塩加減で、炭酸飲料など甘い飲み物との相性もばっちりの商品です。100円シリーズには、この他にも《コンソメパンチ》や《カリカリダブルチーズ》などがラインアップされていますが、スナック系は飽きの来ないシンプルな味付けのものが好まれるようですね。
 意外な人気となったのは、ハチミツの優しい甘さと素朴な味わいが魅力の《薩摩芋けんぴ》。《ひとくち歌舞伎揚》や《黒かりんとう》なども10位以内にランク・インしていることを考えると、若い世代にも昔ながらのお菓子が好きな人は多いのかもしれませんね。