婚活ブームよりも非婚化、晩婚化の方が進んでいる感のある今の日本では、50歳時点で一度も結婚したことがない生涯未婚率が男性20.1%で女性10.6%とか。非婚化は少子化にも影響を与える大問題ですが、今回はみなさんに「このまま独身でもいいかと思う瞬間」について聞いてみました。


 2位以下に圧倒的な大差を付けて1位を獲得したのは《一人が楽だと実感する時》でした。仕事も順調、稼いだお金も一人で自由にできて、プライベートの時間を有意義に使えて、それでいて誰にも文句を言われない…など独身者なら誰しも《一人が楽だと実感する時》を経験していそう。一人の楽さを一度実感してしまうと、結婚するメリットを感じにくくなるのかもしれません。続く2位は《長い間恋人ができない時》。gooランキングの「結婚願望が強いのに結婚に至らない理由ランキング」によると、一番の理由は「理想ばかり追いかけている」から。妥協してまで結婚したくない…と考える人は多いのかもしれませんが、一人に慣れ過ぎると、結婚したり恋人と同棲したりするようになった時、これまで好きにやってきたツケが回ってきて結婚相手や恋人とのトラブルが多くなるとか。一人に慣れきってしまう前に一度真面目に結婚について考えてみてもよいのかも? 3位は《趣味に没頭している時》ですが、あなたの趣味を理解し、共有できる相手なら問題ないはず。恋愛は相互理解が大事とも言われています。交際相手がいるなら自分の趣味について語り、理解を求めてみてはいかがでしょうか。

 その他には、時間を気にせずたっぷりと《友達と遊んでいる時》、既婚者の生の声は痛烈なのか《友達の結婚生活のグチを聞いた時》などが上位にランク・インしています。あなたが共感できる独身でいてもいいかと思う瞬間は何位に入っていましたか?

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:16026票
投票期間:2012/6/22〜7/5
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません