あなたは、別れた恋人と友だちになることができますか? それとも、別れた相手とは絶対に会いたくない派でしょうか? 一筋縄ではいかない元恋人との関係。そんな男女の別離後を、今回は聞いてみました。


 1位は、《一切連絡をしない》。サンマリエが行った調査でも、全体の65%が別れた恋人とは一切連絡をとらないと答えています。ただ、別れた恋人に対しての認識は性差があるようで、男性は2人の過去を捨て去るかのように “赤の他人”に戻る人が多い反面、女性は思い出として記憶に留める人や過去の恋愛自体を「すっかり忘れてしまう人」の2タイプが目立つのだとか。デリケートな男性と逞しく恋愛する女性という図式が見てとれますね。
 続いて2位は《たまに連絡を取る》。別れた恋人同士であっても、ブログやSNSを通じて簡単に連絡できる現代。直接会っていなくても相手のブログをチェックして近況を知ることができるので親近感が沸き、友達として付き合いを再開させる人たちもいるようです。また、恋愛コラムニストの相沢あいさんによれば幼馴染や同級生など気の置けない関係から恋愛に発展したカップルは、友情が復活しやすいのだとか。これは異性の友だちには、「一緒にいて楽」「尊敬できる」という性質があるため。恋愛感情はなくても気持ちよく一緒に過ごせる相手だと認識しているので、友だちに戻りやすいようです。ただし自分は友達に戻りたいと願っていても、相手はそうではないというケースも。トラブルに発展させないためにも相手が友達に戻れる派なのか、縁を切りたい派なのかを見極めることが大切です。また、現在のパートナーを尊重した良い関係を築くことも忘れないでくださいね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:38280票
投票期間:2012/6/18〜7/1
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません