花火大会、お祭り、盆踊りなど、この時期開催される様々な夏のイベントでは色彩豊かで艶やかな浴衣姿の女性を見かける機会が多くなります。そこで今回は「女性の浴衣で最もグッとくる色といえば?」と聞いてみました。


 最もグッとくる女性の浴衣の色に選ばれたのは《紺》。シックで落ち着いた雰囲気の《紺》・藍色は浴衣でも人気の定番カラー。浴衣ならではの艶やかさとも相まって、非常に引き締まった大人の雰囲気を醸し出してくれます。普段は子どもっぽい女性が《紺》の浴衣で大人っぽく見えると、男性はその普段とのギャップにグッときてしまうのかもしれません。続く2位と3位には《ピンク》と《白》がランク・イン。甘めでキュートなカラーも人気が高いということがわかりました。4位に入ったのは《黒》。1位の《紺》と同じく定番カラーの《黒》はやはりそのノーブルで落ち着いた雰囲気が人気なのでしょうか。
 浴衣は色彩だけでなく柄もポイント。2012年はどんな浴衣が売れ筋なのでしょうか。ネットで調べてみたところ、昨年も好評だった朝顔などの花柄や、蝶や金魚など日本の伝統的な絵柄をあしらった“古典柄”が今シーズンも売れ行きが好調らしく、今年はさらに、そうした古典柄にモダンな要素を取り入れた“クラシカルモダン”が人気を集めているようです。また一時流行していたラブリー系アレンジからしっかりとした着こなしを感じさせる“着物風アレンジ”や大人っぽい渋めのコーディネートで決める人が多いそうですが、一方で楽に着られる浴衣や柔らかく履き心地の良い下駄など“楽チン”を売りにした新アイテムも人気を集めているとか。伝統的な和服の要素を取り入れながらも快適性、利便性をうまく取り入れるのが今年のスタイルと言えそうです。
 女性の方々は、今回のランキングを参考にして浴衣の色&柄、スタイルを選んでみてはいかがでしょうか。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:9701票
投票期間:2012/6/15〜6/28
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません