近年、急速に市場を拡大し、ビール風味やカクテル風味など様々なジャンルでの発売が相次ぐ「ノンアルコール飲料」。中でも2009年頃から着実に販売数を伸ばしてきたノンアルコールビールを普段の生活に取り入れるようになった…という人も多いのではないでしょうか。そこで今回はズバリ「好きなノンアルコールビール」は何か聞いてみました。

 堂々の1位に輝いたのは《サントリー オールフリー》。アルコールだけでなくカロリーも糖質も「ゼロ」という機能と、うまみがありながら、すっきりとした味わいが特徴です。運転のためにアルコールを控える必要がある人はもちろん、妊娠中や授乳中の女性にも人気の高い商品となっています。「サントリー ノンアルコール飲料レポート2012」によると、最近は「車の運転があるとき」よりも「食事中」「お風呂上がり」などくつろぎの時間にノンアルコール飲料を飲むという人が増えているそうで、この夏はちょっとした気分転換やランチ時にノンアルコールビールを飲む…というスタイルも広がりそう。《サントリー オールフリー》は今月16日まで開催されていた『オールフリーガーデン』でも話題を集めていましたが、白いオシャレなパッケージも評判で、いつでも気がねなく飲めるオススメの一品と言えそうです。続く2位は《キリン フリー》。世界初の“アルコール0.00%”のビールテイスト飲料として2009年4月に発売された話題の商品として記憶に残っている人もいるのでは? 今年1月には、甘みを抑え麦芽やホップの恵みがいきたおいしさにリニューアルしたそうです。3位には今年2月に発売されたばかりの《アサヒ ドライゼロ》がランク・インする結果になりました。
 食事時やちょっとしたリフレッシュタイム、そしてアウトドアやママ友達とのランチ会など、ノンアルコールビールを飲むシーンは様々ですが、今後もさらに多くの人の生活に定着していくと言えそうです。あなたが好きなノンアルコールビールは何位にランク・インしていましたか?