今年6月、内閣府が発表した2012年版「子ども・若者白書」によると、収入や老後の年金に不安を抱く若者が80%を超えているとか。折からの経済不況などによって未来に希望を持てない人も少なくないはず。そこで今回、みなさんが持つ「将来の不安」について聞いてみました。


 圧倒的な票数を集めて1位を獲得したのは《いろいろ心配》。たとえば、6位に入った《就職ができるか》どうか不安な人や7位の《このまま働けるか》どうか不安な人などは、上位にランク・インした《老後が不安》《結婚できるか》《十分な収入得られるか》などについても同じように不安を感じても不思議ではありません。不安が連鎖、複合するものなら将来について《いろいろ心配》になってしまうのも仕方ないのかもしれません。
 続く2位は《老後が不安》。人が老後に不安を感じる理由は様々ですが、《老後が不安》についてネットで調べてみるとその多くの理由は「老後の資金」に不安を抱いているようです。特に「公的年金制度」への不信感が強く、「公的年金だけでは不十分」や「公的年金がいくらもらえるか?」という質問に対し「まったくもらえない」といった意見もあり、「公的年金制度」への不信感がそのまま老後の不安へと繋がっていると言えそう。
 3位は《結婚できるか》。結婚は出会いのチャンスとタイミングが重要と言われています。出会いの年齢は年々上昇傾向にあるようですが、既婚者の多くは20代のうちに将来のパートナーと出会っているというデータもあります。パートナーとの出会いは「職場」や「友達の紹介」など身近なところから生まれるケースが多いながらも、最近はSNSを通じて知り合い、結婚へ発展したという人も増えてきているとか。やはり《結婚できるか》どうかは出会い次第といったところでしょうか。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:18878票
投票期間:2012/6/7〜6/21
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません