「恋愛に関して男性は女性以上に嫉妬深い」という話をよく耳にします。恋人にはある一定のラインを超えてほかの異性と仲良くしてほしくないという気持ちは男女変わりがありませんが、男性の場合はそのボーダーラインが女性よりも低いという印象は確かにあります。


 男性が「ここまでならほかの男友達としても許す」と感じるラインがどこなのかを聞いたところ、1位に選ばれたのは《男友達が参加しているグループで食事をする》でした。出会い目的の合コンとなればまた話は変わってきますが、同じクラスや職場に仲良しグループがあって、そこに男友達もいるというのは当然のこと。《男友達が参加している飲み会に行く》も同様ですが、自分が把握していないグループの集まりだからといっていちいち嫉妬の炎を燃やしていては、さすがに愛想を尽かされてしまいそうですね。

 《二人きりで食事をする》や《男友達が彼女に食事をおごる》のような、男友達との距離が近くなるケースを好まない人が多いのは男性の嫉妬深さを考えると理解ができますが、その一方で《彼女が男友達の恋愛相談に乗る》を許せる人が多かったのは興味深い結果と言えそうです。恋愛相談に乗っているうちに、相手のことを好きになってしまったといのはよく聞く話ですが、この結果は「そんなことで彼女の気持ちが移るわけがない」という男としての自信によるものなのでしょうか? そのあたりの心理がちょっと気になるところです。