夏の魔力は人を情熱的で開放的な気分にさせ、とりわけ「恋」に強く働きかけます。夏がくるといつもより異性を意識してソワソワしたり、大胆な行動に出たりする…という人もいるのではないでしょうか。そんな夏の恋でたくさんの人が同じように経験する「ありがちなこと」を今回は聞いてみました。


 1位は《付き合いはじめても終わるのが早い》でした。「ひと夏の恋」とよく言われるように、夏にはじまる恋は儚く脆いことが多いようです。夏特有の大きく膨らんだ気持ちは、空気を入れすぎた風船の膜のように割れやすいのかもしれません。さらに8位の《夜に恋して朝にガッカリ》のように残念ながらたった一晩で恋心がしぼんでしまう場合もあるようです。  ポジティブなものでは《浴衣を着ていると魅力が倍増》や《BBQなどの野外行動で手際が良いと魅力が倍増》など季節感のあるイベントで異性が輝いて見えるシチュエーションが上位にランク・インしました。恋愛対象外だった異性がメインステージに躍り出るチャンスも夏にはありそうですね。
   薄着になり肌の露出も増える夏は男性も女性もお互いの「性」を意識することが多いもの。アクセル全開で本能のまま突っ走るもよし、あえて普段よりブレーキを深く踏み慎重にいくもよし、とにかく夏は恋の始まりにうってつけの季節と言えそうです。