異性と付き合った経験は数を競い合うものではありませんし、多く付き合えば良いというものでもありません。でも、あまりにも経験が乏しいと異性に対して偏った見方を持ってしまったり、接し方が分からずにうまくコミュニケーションが取れなかったりと、マイナスに働くことも時にあるのではないでしょうか。
 男性経験が少ない女性の場合、多くの人が目に付くと考えるのは《「最近の男はこうだから〜」とモテないのを男性のせいにする》という特徴です。男性経験が少ないのだからそもそも男性について語れるほどの知識を持ち合わせているはずもないのですが、そのような女性に限って男性に責任を転嫁する、《「彼氏なんかいると面倒くさい」と言う》など、恋愛できない原因が自分にあることを認めたがらないようです。
 《男性の好みに関しては誰よりもうるさい》、《「○○する男はありえない!」の基準が厳しい》というのも、経験が少ない女性にはありがちな特徴のよう。このような女性の場合、自分の中で理想の男性像を非常に高く設定してしまい、結果として誰とも付き合えない、あるいは付き合いはじめてもすぐに別れてしまうなんてケースが多いようです。経験豊富な女性であれば、自分の理想のタイプではなくとも「実際にはこういうタイプも付き合ってみると悪くない」と経験から判断することができますし、現実にはなかなか出会えない理想の男性を追い続けて無駄に年を重ね続けるなんてことも少ないのではないでしょうか。
 もちろん、恋愛経験は豊富でなければいけないというものではありませんが、経験として知っておけば避けられること、出会いの可能性を広げられることもまた事実。慎重になりすぎて、運命の男性と出会うチャンスを逃さないように注意したいですね。