学校などのクラブや部活の「部長」と違い、求められる能力は多岐に渡り、果たすべき責任も大きい会社や企業などの組織内に置かれた部の「部長」。今回、みなさんに会社組織の「部長」に身につけて欲しい能力を聞いてみました。


 部長に最も求められている能力は《リーダーシップ》でした。日本の政治家のトップはどうやら《リーダーシップ》に乏しいようで、昨今の政治に対する世論調査でも内閣を支持しない理由の上位には必ずと言っていいほど「リーダーシップがない」が選ばれています。やはり多くの人は、上に立つ人間に強い《リーダーシップ》を求める傾向にあるようです。一般企業において高い地位と大きな権限を持つ部長ですから《リーダーシップ》を期待されるのは当然なのかもしれませんね。続いて票数が多かったのは《人の話を聞く力》。多くの会社で現場と経営者の意見を橋渡しする役割を担う部長職は、高いコミュニケーション能力がないと務まりません。リクルートマネジメントソリューションズが実施した「2012年新入社員意識調査」における「あなたが上司に期待すること何ですか?」のアンケートに対し「相手の意見や考え方に耳を傾けること」が昨年に続いて1位を獲得。この結果からも今の新入社員たちが上司に仕事力や指導力よりも《人の話を聞く力》を求めていることがわかります。多くの部下を抱える部長にとっても部下たちの意見をしっかり聞くことが大事であることは変わらないのではないでしょうか。3位には《実行力》が入り、4位は《調整力》、5位には《カリスマ性》がランク・インしています。
 部長に限らず上司として部下を抱える人は、今回のランキングを参考にご自身の能力チェックをしてみてはいかがでしょうか。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:15962票
投票期間:2012/6/3〜6/16
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません