韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』の特別試写会に、声優の三ツ矢雄二と日高のり子が学生服をまとって登場。日高のりこには高校生の子どもがいるそうですが、ママになっても制服を着こなせるとはさすがです。そこで今回は、まだまだ高校生役もいける女優の名前をあげてもらいました。


 見事1位に輝いたのは、《新垣結衣》。これまで『恋空』や『フレフレ少女』で制服姿を披露してきた《新垣結衣》は、2010年公開の映画『ハナミズキ』でも、女子高生時代からキャリアウーマンまでの10年間を好演しています。ここで相手役を務めた生田斗真も「結衣ちゃんは制服が100%似合う」とコメントを残しているほどですが、そんな彼女も24歳。最近では弁護士などの社会人役が増えてきており、学生を演じる機会が減ってきました。「高校生役もまだまだいける」という意見に応えて、ぜひ学生役を演じて欲しいですね。
 続いて2位の《井上真央》。2009年にTSUTAYA onlineが行った「学生服が似合うと思う女優」ランキングでもトップに入っており、投票者からは「セーラー服もブレザーもかわいく着こなす!」「童顔で幼く見えるから」といったコメントが寄せられています。『花より男子ファイナル』『僕の初恋をキミに捧ぐ』など青春映画に多数出演しており、制服姿が板についているのも理由のひとつかもしれません。ただ、2011年公開の『八日目の蝉』では、学生っぽさを封印。実の母親と心を通わせられないまま不倫相手の子どもを身ごもり苦悩する女性を体現するなど、演技の幅は確実に広がっているようです。さらに、2013年公開予定の映画『永遠の0』では娘と共に特攻隊員の夫・久蔵の帰りを待ち続ける妻役での出演が決定しており、ここでは学生服ならぬモンペをまとった井上真央の心に迫る演技が見られそうですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:28374票
投票期間:2012/5/21〜6/15
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません